足高な日々(ブログ)
天王寺区アラカルト
あなたのひと言
トピックスの一覧
平成21年07月06日
いよいよ新商業高等学校建設へ
平成21年06月20日
耐震改修の普及啓発にかかる戸別訪問について
平成21年06月10日
大阪市消費拡大キャンペーンがスタートします
平成21年04月29日
緊急対策資金融資の据置期間を延長します
平成21年03月16日
四天王寺巽線歩道暫定整備計画について
平成21年03月13日
家隆塚の再整備について
平成21年02月17日
大阪市立新商業高等学校の開設について
平成21年01月22日
足高まさし市政報告会:寺田町駅周辺整備計画
平成20年12月26日
天王寺動物園のホッキョクグマ「ゴーゴ」に花嫁を
平成20年12月14日
上本町ターミナル整備計画
平成20年12月06日
ドリームウェディングが挙げられました
平成20年10月19日
鶴橋駅前バス停のベンチ設置
平成20年10月14日
東上町公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年10月5日
新商業高校の整備について
平成20年9月27日
(仮称)道頓堀川人道橋の名称(橋名)募集
平成20年9月20日
真田山公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年9月15日
大阪市・サンフランシスコ市姉妹都市提携50周年について
平成20年7月7日
栄養専門学校の体験入学が実施されます
平成20年7月5日
生まれ変わる中之島
平成20年7月1日
寺田町駅放置自転車問題について
橋の名称(橋名)募集

橋の名付け親になりませんか?

完成予想鳥瞰図(小)

大阪市では、大阪ミナミの新たな開発エリアの浪速区湊町と西区南堀江を結ぶ、新設の人道橋「(仮称)道頓堀川人道橋」について、広く市民の皆様から親しまれる橋の名前を募集します。

== 追記 ==
応募総数343通の中から、厳正なる審査の結果「浮庭橋(うきにわばし)」に決定しました。詳細は私のブログ(足高な日々)等をご覧下さい。


募集要項

応募資格大阪市に在住・通勤・通学されている方
応募期間平成20年9月16日(火)~平成20年10月10日(金)(締切日消印有効)
応募条件
  1. 応募は、お一人1作品とさせていただきます。
  2. 市内に現存する橋梁と同一名の応募作品につきましては失格とさせていただきます。
  3. 採用された橋名に関する権利は、大阪市に帰属するものとします。
  4. 応募された橋名等につきましては、本市のホームページ等で公表する場合があります。
人道橋の概要等本募集要項の下をご覧下さい。大阪市建設局ホームページにも記載しております。
応募方法官製ハガキに下記内容を記入のうえ応募してください。
(個人情報の観点から、目隠しシール等を利用される場合は、重さを6g以内になるようにしてください。)
記入事項
  1. 橋の名称(ふりがなを必ず付してください。)
  2. 名称の意味、名称に込められた思いなどを簡潔にご記入ください。
  3. 自宅の住所・郵便番号
  4. 勤務先、通学先の名称、住所(市内在住の方は記入不要)
    (市外より通勤、通学されている方は、必ず記入してください。)
  5. 氏名(ふりがなを付してください。)
  6. 年齢、性別
  7. 電話番号
"2"と"6"につきましては必須ではありませんが、極力ご記入ください。
応募先ならびにお問合せ先 〒559-0034
大阪市住之江区南港北1丁目14番16号  大阪WTCビル 11階
大阪市建設局道路部橋梁担当 「橋名募集」係
TEL 06-6615-6824
お問合せは、土、日祝日を除く9:00~17:30にお願いします。
表彰等 決定した橋名を応募していただいた方(応募者が多数の場合は、抽選により1名の方)に表彰状と記念品を贈呈いたします。
なお、決定した橋名の応募者が多数の場合は、表彰者以外の方にも記念品を贈呈いたします。
審査・発表 橋名につきましては、審査を経て大阪市が決定します。なお、審査結果は、採用された橋名の応募者本人に通知するとともに大阪市建設局のホームページ等で発表します。
橋名募集において取得した個人情報は大阪市個人情報保護条例に基づき適切に取り扱います。
橋梁概要

位置図と周囲の状況

位置図(小) 周囲の状況(小)
位置図周囲の状況

完成予想パース

完成予想パース上から(小)

上空から


完成予想パースふもとから(小)

橋のふもとから


橋梁概要と仕上げの仕様

架橋位置大阪市浪速区湊町1丁目~西区南堀江1丁目
橋の形式鋼吊橋の歩行者専用橋
長さ76.3m
通路4m(通路以外に約300m2のたたずみスペースがあります。)
デザインイメージ浮かぶ「はらっぱ」
仕上げ仕様 通路部分は、ウッドデッキとコンクリートブロックの舗装を施す予定です。
たたずみスペースには芝生、手摺部分には地被類を植える予定です。
桁の側面は、ヘデラ(つる植物)で覆う予定です。
供用開始予定現在、鋼桁架設工事を鋭意進めております。本橋の供用開始につきましては、本年12月を予定しております。

Copyright © Masashi ASHITAKA All rights reserved