足高な日々(ブログ)
天王寺区アラカルト
あなたのひと言
議会履歴
平成19年2月28日
計画消防委員会(平成19年度予算)
平成18年11月6日
計画消防委員会(事前調査―陳情第68号二輪車駐車場の整備促進に関して)
平成18年9月14日
計画消防委員会(事前調査―救急自動車の取得に関連して質疑)
平成18年3月17日
文教経済委員会(平成18年度通常予算)
平成18年3月14日
文教経済委員会(平成18年度通常予算)
平成17年3月11日
計画消防委員会(平成17年度通常予算)
平成17年10月5日
決算特別委員会(平成16年度公営・準公営)
平成16年3月12日
文教経済委員会(平成16年度通常予算)
平成16年11月16日
決算特別委員会(平成15年度一般)
平成15年3月4日
文教経済委員会(平成15年度通常予算)
平成14年3月19日
計画消防委員会(平成14年度通常予算)
平成13年11月14日
決算特別委員会(平成13年度準公営・一般)
平成12年3月14日
財政総務委員会(平成12年度通常予算)
平成12年10月2日
決算特別委員会(平成11年度公営)
平成12年1月11日
決算特別委員会(平成10年度準公営・一般)
平成11年3月2日
文教経済委員会(平成11年度通常予算)
平成10年3月12日
建設港湾委員会(平成10年度通常予算)
平成10年10月5日
平成9年度決算特別委員会(公営)
平成8年3月14日
文教経済委員会(平成8年度通常予算)
平成9年11月17日
平成8年度決算特別委員会(準公営・一般)
平成9年3月5日
本会議(代表質問)
平成8年9月30日
平成7年度決算特別委員会(公営)
平成7年10月14日
平成6年度決算特別委員会(公営)
質疑応答の内容
平成10年3月12日 建設港湾委員会(平成10年度通常予算)
質疑内容 現在の所管局 実現の可否 実現の時期と実現内容、実施の見込み、実施に向けた取組等 天王寺区内での取組の有無と取り組んでいる場合の具体例
保水性舗装の整備 建設局 平成10年度からの試験舗装を経て、平成15年度より実施した。
天王寺公園から慶沢園を通って美術館へ向かう散策路の整備 ゆとみど 平成11年度~平成12年度
 散策路の整備完成
平成15年度~平成16年度
 園路再整備完成
慶沢園の整備 ゆとみど 平成11年度~平成12年度
 再整備完成
慶沢園のPR ゆとみど
  • 紹介リーフレット
  • ホームページでの紹介
  • 園内ツアー(無料、月1回)
の実施
  • 紹介リーフレット
  • ホームページでの紹介
  • 園内ツアー(無料、月1回1日2回)
の実施
長居公園第2駐車場にあたっての配慮 ゆとみど
  • 地上立体駐車場(交通局用地)220台
       12年度完成済
  • 第2駐車場の立体化 295台
       平成13年度完成済
  • 地下駐車場(地下配水場と一体的整備)255台
       平成13年度完成済
<既設第1駐車場230台と併せて計1,000台完成済>
真田山プールでの各種教室の開催 ゆとみど
  • 旧公園協会では、プールでの夏休み短期教室やアイススケート場でのワンポイントレッスンを実施していた
  • 指定管理者が平成17年7月からプールでの子ども教室や初心者教室等を実施している
実施済
真田山プールでのアイススケートリンクの利用促進策 ゆとみど
  • 小中学校の行事又は高等学校等のクラブ活動で専用使用する場合、料金を一般の半額に設定
  • 高齢者の料金と小人と同額に設定
  • 回数券制度と定期券制度の導入
  • 回数券利用については、大阪プールと浪速屋内プールと共通利用できることとしている
  • その他の集客促進策は、指定管理者と調整の上、順次実施予定。
市営温水プールのプリペイドカードの導入 ゆとみど 回数券は料金が同額であれば市立プールで共通利用できることとしているが、施設ごとに指定管理者が異なっており、大半の施設で利用料金制を導入して指定管理者独自の料金体系を設定できることとしているため、実現は困難である。
屋外広告物のあり方の見直し 建設局 地域の特性に応じた景観の形成及び屋外広告物の適正な管理を図るために、屋外広告物条例を改正(H11.3.17付公布)し、景観形成地区制度を導入した。H12.12に長堀通地区、H17.4に大川地区を景観形成地区として指定した。
下水道局の経営の効率化に向けた取組 都市環境局
  • H9年度からの4年間で、24か所あった下水道センターを8か所に統合するとともに、下水道の補修作業の委託範囲を拡大し、抽水所の遠方監視制御設備の導入を図るなど、190人を見直し、70人を削減した。
  • H10年度からの5年間で、施設の機械化や設備改善を行いながら、下水処理場の維持管理体制の効率化を図り、285人を見直し、79人を削減した。
  • また、下水汚泥の溶融スラグを建設資材として活用し、高度処理水を工業用水の代替として活用するなど、資源の有効利用による経費節減を行った。
WTCの経営改善 港湾局 平成16年2月
 特定調停成立
平成16年4月~
 大阪市特定団体経営監視委員会において経営状況を監視

Copyright © Masashi ASHITAKA All rights reserved