足高な日々(ブログ)
天王寺区アラカルト
あなたのひと言
議会履歴
平成19年2月28日
計画消防委員会(平成19年度予算)
平成18年11月6日
計画消防委員会(事前調査―陳情第68号二輪車駐車場の整備促進に関して)
平成18年9月14日
計画消防委員会(事前調査―救急自動車の取得に関連して質疑)
平成18年3月17日
文教経済委員会(平成18年度通常予算)
平成18年3月14日
文教経済委員会(平成18年度通常予算)
平成17年3月11日
計画消防委員会(平成17年度通常予算)
平成17年10月5日
決算特別委員会(平成16年度公営・準公営)
平成16年3月12日
文教経済委員会(平成16年度通常予算)
平成16年11月16日
決算特別委員会(平成15年度一般)
平成15年3月4日
文教経済委員会(平成15年度通常予算)
平成14年3月19日
計画消防委員会(平成14年度通常予算)
平成13年11月14日
決算特別委員会(平成13年度準公営・一般)
平成12年3月14日
財政総務委員会(平成12年度通常予算)
平成12年10月2日
決算特別委員会(平成11年度公営)
平成12年1月11日
決算特別委員会(平成10年度準公営・一般)
平成11年3月2日
文教経済委員会(平成11年度通常予算)
平成10年3月12日
建設港湾委員会(平成10年度通常予算)
平成10年10月5日
平成9年度決算特別委員会(公営)
平成8年3月14日
文教経済委員会(平成8年度通常予算)
平成9年11月17日
平成8年度決算特別委員会(準公営・一般)
平成9年3月5日
本会議(代表質問)
平成8年9月30日
平成7年度決算特別委員会(公営)
平成7年10月14日
平成6年度決算特別委員会(公営)
質疑応答の内容
平成15年3月4日 文教経済委員会(平成15年度通常予算)
質疑内容 現在の所管局 実現の可否 実現の時期と実現内容、実施の見込み、実施に向けた取組等 天王寺区内での取組の有無と取り組んでいる場合の具体例
府費負担教職員制度の見直し問題 教育 ※国制度の改正要 義務教育費国庫負担制度においては、昨年11月の三位一体の改革にかかる政府・与党合意により、制度を堅持するとの方針の下、負担率を2分の1から3分の1に減額しその財源として税源移譲を確実に実施するとされた。
府費負担教職員給与費の移管問題については、昨年10月の中央教育審議会答申、また、本年7月の「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」においても明確な方針が示されず、引き続き「所要全額の税源移譲による財政措置」「早期に実施の時期と全体像を明確にする」などを骨子として国に対して要望を行っている。
大都市制度のあり方の積極的な情報発信 総務局 継続して実施
  • 市民とともに今後の地方分権について考える機会として、平成8年以降毎年、地方分権シンポジウムを開催
  • 大都市制度研究会が、平成15年8月に「新たな大都市制度のあり方に関する報告」、平成18年3月に「新たな大都市制度のあり方に関する報告Ⅱ」を公表
  • 市民向けリーフレット「新たな大都市制度のあり方について」を発行、配布
  • 他の政令指定都市とも連携し、指定都市市長会において、本市を座長市として設置された、大都市制度調査研究プロジェクトが、平成18年1月に「道州制を見据えた新たな大都市制度の在り方についての提言」をとりまとめ、第28次地方制度調査会に提出
水の都大阪の再生に向けての積極的な市民参加 ゆとみど 平成15年3月に行政、舟運事業者、NPOなどによる「水都ルネサンス大阪実行委員会」を立ち上げ、川開きイベントなどを継続して実施
水の都大阪の再生のシンボルイベントの開催 ゆとみど 2009年に大川・中之島・大阪城公園・水の回廊をメインエリアとするシンボルイベントの開催に向けて、基本計画の策定などに取り組んでいる
鶴見緑地鳥類生態園の理念を踏まえた環境学習の場の整備 ゆとみど 駅前エリア全体整備の中で、当該区域については、環境学習の場を整備することを検討
教員の評価・育成システム(評価結果の給与処遇等への反映) 教育 平成18年度の評価結果を、平成19年度の昇給及び勤勉手当における勤務成績の判定に活用する。
保護者や地域住民の意見の教員の評価への反映 教育 平成15年度より、児童・生徒・保護者等の意見も参考にしながら、評価を行っている。
週3回米飯給食の実施及び保護者負担を生じさせないことについて 教育 平成15年4月より、週3回米飯給食実施。
MOT 経済局 平成16年度
 開催:11回 受講者数:200名
平成17年度
 開催:5回 受講者数:126名
ロボット産業の振興 経済局 平成15年3月「次世代RT産業創出構想」策定。
平成16年11月ロボットラボラトリーを開設、研究開発支援や人材育成等RTを活用したビジネスやサービスの創出に向けた事業を実施している。
平成17年7月ロボカップ2005大阪世界大会を開催。
平成18年6月ロボカップ国際委員会本部事務局・日本委員会本部を誘致。
平成18年11月「国際次世代ロボットフェア」「世界ものづくりサミット」を開催予定。

Copyright © Masashi ASHITAKA All rights reserved