平成 7年10月 4日  平成6年度決算特別委員会(公営)

質疑内容 現在の所管局 実現の可否 実現の時期と実現内容、実施の見込み、実施に向けた取組等 天王寺区内での取組の有無と取り組んでいる場合の具体例
交通事業
赤字解消方策 交通局 累積欠損金解消に向けて「地下鉄事業経営健全化計画」(H7~H11)、「交通局経営改革計画」(H14~H18)に引続き「交通局長改革マニフェスト」や「大阪市交通事業中期経営計画」(H19~H23)に取り組んでいる。
職員の削減 交通局 「地下鉄事業経営健全化計画」(H7~H11)では1,533人、「交通局経営改革計画」(H14~H18)では774人の効率化を実施した。現在は、「大阪市交通事業中期経営計画」(H19~H23)において443人の効率化を予定している
地下鉄事業経営健全化計画の早期策定 交通局 「地下鉄事業経営健全化計画」(H7~H11)、「交通局経営改革計画」(H14~H18)、「交通局長改革マニフェスト」に引続き、「大阪市交通事業中期経営計画」(H19~H23)に取り組んでいる。
JR・南海の最終列車と地下鉄との天王寺・難波での接続 交通局 地下鉄では、終発列車運行終了後の0時40分から4時20分までの限られた時間内に、職員が迅速かつ的確に線路や信号等の保守作業を行っており、当該時間帯は保守作業を行ううえで、最低限必要な時間であると認識している。従って、列車運行の安全を確保するためには、現行の保守点検時間である3時間40分の作業時間の短縮は現段階では困難であると考えている。
APEC開催時の警備体制 交通局 交通局長を委員長とする自主警備対策委員会を設け、警備計画を策定したうえで、警察等の関係機関の協力をいただきながら厳重な警備体制に努めた。
交通規制時における公共交通機関の優先通行 交通局 APEC開催時については、関係先と協議を行った。
市内東部地域への地震計の設置について 交通局 平成8年3月に森之宮基地内に設置済。
PHSの活用 交通局 平成9年8月より全駅構内で使用可能。また、携帯電話についても、平成17年3月に全駅構内で使用可能。 天王寺区内における天王寺駅構内では平成14年6月より、また四天王寺前夕陽ケ丘駅および鶴橋駅構内では、平成15年3月より携帯電話の使用が可能となっている。
大阪府に対する本市水道事業への財政援助 水道局 大阪府の一般会計から府水道事業への補助の停止(H17から)などから、大阪府への要望は休止している。