2000年1月開催

質疑内容 現在の所管局 実現の可否 実現の時期と実現内容、実施の見込み、実施に向けた取組等 天王寺区内での取組の有無と取り組んでいる場合の具体例
職員削減目標を明記した新たな行財政計画の策定 市政改革室 平成13年3月 新行財政改革計画策定

平成18年3月 大阪市政改革マニフェストに基づく新しい行財政改革計画策定
平成22年2月 新たな市政改革の骨子(案)を取りまとめ公表
平成22年10月 (仮称)「新しい大阪市をつくる市政改革基本方針」(素案)公表平成23年2月 (仮称)「新しい大阪市をつくる市政改革基本方針」(案)-なにわルネッサンス2011 公表平成23年3月 なにわルネッサンス2011-新しい大阪市をつくる市政改革基本方針策定
時代に見合った国民健康保険料の徴収体制 健康福祉局 20年6月からは、滞納整理指導員(市税等の滞納整理等の経験があるOB職員)を雇用し、滞納整理・滞納処分執行の取り組みを強化した。また、同年7月からは、7区において訪問徴収業務の一部を民間委託し、民間事業者の徴収ノウハウを活用した効率的・効果的な徴収を図っているところである。
21年度においても、滞納整理指導員を1名増員するとともに、7区における訪問徴収業務の民間委託を継続実施し、同年10月からは、民間委託による電話での口座振替勧奨を集中的に実施した。
また、職員の意識改善に取り組み滞納者に対する厳しい納付指導を徹底した。
22年度については、滞納整理事務の一部を局で集約化するとともに、引き続き滞納者に厳しい納付指導を徹底し、一層、滞納整理事務の取り組みを強化する。

22年9月から、長期滞納者への財産調査等滞納整理事務の一部を局で集約化するとともに、平成23年度からは、訪問徴収業務の民間委託を全区に拡大し、取り組みの強化を図っている。
また、職員の意識改善に取り組み、滞納者に対する厳しい納付指導を徹底した。
府立中之島図書館用地問題 ゆとみど (済) 平成16年度からサテライト教室部分の使用料を徴収
桃山病院・桃山市民病院跡地早期開発 健康福祉局 桃山病院・桃山市民病院跡地は、「市民の健康づくりゾーン」として民間活力を用いた「定期借地方式」を利用して開発を進めており、平成16年秋に、健康づくりの実践が行える住宅、温泉利用健康関連施設、平成19年春にヘルスサポートセンターを中核とした市民健康づくり施設を開している。 桃山病院・桃山市民病院跡地において、「市民の健康づくりゾーン」として民間活力を用いた「定期借地方式」を利用して開発を進め、平成16年秋に、健康づくりの実践が行える住宅、温泉利用健康関連施設平成19年春にヘルスサポートセンターを中核とした市民健康づくり施設を開
大阪市保健所と健康学習センターの整備等 健康福祉局 桃山病院・桃山市民病院跡地において、保健所機能と市民の健康づくりを支援する健康学習センター機能の整備を検討しておりましたが、現在の健康課題等に対する必要性から、ヘルスサポートセンターを中核とした市民健康づくり施設を民間活力の導入により整 桃山病院・桃山市民病院跡地において、「市民の健康づくりゾーン」として民間活力を用いた「定期借地方式」を利用して開発を進め、平成19年春にヘルスサポートセンターを中核とした市民健康づくり施設を開
中小企業従事者のための休日健康診査の実施 健康福祉局 平成12年度より労働安全衛生規則に基づく健康診断を受診可能とするため医療機器の整備を行い、中小企業従事者の受診機会の拡大を図った。
中小企業従事者を対象とする休日の健診については、今のところ実施していない。