平成21年 3月13日  文教経済委員会(平成21年度予算)

質疑内容 現在の所管局 実現の可否 実現の時期と実現内容、実施の見込み、実施に向けた取組等 天王寺区内での取組の有無と取り組んでいる場合の具体例
保育所待機児童の解消 こども青少年局 実現に向けて取組中 待機児童の解消に向けて、これまでの民間保育所の新築・増築や分園の整備に加えて、幼保連携型の認定こども園の設置など、保育所整備を積極的に進め、平成22年度は当初の予定通り、253人分の入所枠の拡大を図ったところです。今後も保育ニーズに対応できるよう整備を進めてまいります。 平成22年度は新設1か所90人の入所枠拡大を行いました。また、平成23年度については、幼保連携型認定こども園、分園整備を合わせて70人の入所枠の拡大を図るよう、整備を進めています。
学校における薬教育 教育委員会事務局・健康福祉局 学習指導要領の改訂と薬事法の改正の趣旨を踏まえ、児童生徒が医薬品の正しい使用について理解を深めるよう、校長会や教員等の研究会、学校薬剤師会と連携を図り、全ての学校園で発達段階に応じた「くすりの正しい使い方等に関する講座や教室」を実施するなど、医薬品を正しく使用する教育を進めるよう指導している