足高な日々(ブログ)
天王寺区アラカルト
あなたのひと言
トピックスの一覧
平成21年07月06日
いよいよ新商業高等学校建設へ
平成21年06月20日
耐震改修の普及啓発にかかる戸別訪問について
平成21年06月10日
大阪市消費拡大キャンペーンがスタートします
平成21年04月29日
緊急対策資金融資の据置期間を延長します
平成21年03月16日
四天王寺巽線歩道暫定整備計画について
平成21年03月13日
家隆塚の再整備について
平成21年02月17日
大阪市立新商業高等学校の開設について
平成21年01月22日
足高まさし市政報告会:寺田町駅周辺整備計画
平成20年12月26日
天王寺動物園のホッキョクグマ「ゴーゴ」に花嫁を
平成20年12月14日
上本町ターミナル整備計画
平成20年12月06日
ドリームウェディングが挙げられました
平成20年10月19日
鶴橋駅前バス停のベンチ設置
平成20年10月14日
東上町公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年10月5日
新商業高校の整備について
平成20年9月27日
(仮称)道頓堀川人道橋の名称(橋名)募集
平成20年9月20日
真田山公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年9月15日
大阪市・サンフランシスコ市姉妹都市提携50周年について
平成20年7月7日
栄養専門学校の体験入学が実施されます
平成20年7月5日
生まれ変わる中之島
平成20年7月1日
寺田町駅放置自転車問題について
真田山公園

大阪市で初めての試み。地域の親子で公園整備を計画。

ゆとりとみどり振興局が推進する「みんなのわくわく公園づくり」。この一環として天王寺区餌差町の真田山公園づくりが行われました(平成17年度)。


「みんなのわくわく公園づくり」では、住民が公園の計画、建設から維持管理までにかかわりますが、真田山公園の事業では、『子育て世代が暮らしやすいまちづくり』をめざし近接幼稚園の園児と父兄に限定して取り組みました。


みんなの夢を乗せて=ワークショップ

大阪市ホームページ「公園の整備」にある通り、ワークショップ形式で計画を進めて行きました。


園児らからは『すべり台をすべるのが楽しい』『逆から登ると危ないよ』。親御さんからは『外に飛び出しはしないかと不安』等、活発な意見が飛び交いました。ああしたら?こうしたら?いや、この方がいいよ!そんな中から皆の思いが1つにまとまって来ます。


それらをまとめたのが「さなだやまこうえん わーくしょっぷ」。子どもたちの想いと期待が詰まっています。


※以下の写真はクリックすると拡大出来ます※

真田山ワークショップ1-1 真田山ワークショップ1-2
第1号(表紙)第1号(裏)
真田山ワークショップ2-1 真田山ワークショップ2-2
第2号(表紙)第2号(裏)

そして夢が形に。出来上がった真田山公園

そしてついに新しい真田山公園が出来上がりました。


子育て真っ只中のお母さん、わんぱく盛りの園児達。影で支える関係者。『子育て世代が暮らしやすいまちづくり』は、私の目指す所の1つ“子どもたちが育ち伸びるまち”にも繋がりますが、そこに暮らし、育て、育つ方々が主役であったのが最も象徴的でした。


ここに住むお母さん・お父さんが安心して子どもたちを遊ばせる環境、子どもたちが元気に遊べる環境。それが実現すればこの公園づくりは大成功と言えるかも知れません。


ただ、贅沢かも知れませんが、この公園で遊ぶ子どもたちが、すくすくと育ち、やがて大人になった時。今度は彼らが次の時代のために働きかける。そして彼らの子どもたちが大人になった時・・・。この公園づくりが起点となり世代を越えた好循環が生まれる事を願って止みません。


大阪市会議員 足高まさし


真田山公園
真田山公園

Copyright © Masashi ASHITAKA All rights reserved