足高な日々(ブログ)
天王寺区アラカルト
あなたのひと言
トピックスの一覧
平成21年07月06日
いよいよ新商業高等学校建設へ
平成21年06月20日
耐震改修の普及啓発にかかる戸別訪問について
平成21年06月10日
大阪市消費拡大キャンペーンがスタートします
平成21年04月29日
緊急対策資金融資の据置期間を延長します
平成21年03月16日
四天王寺巽線歩道暫定整備計画について
平成21年03月13日
家隆塚の再整備について
平成21年02月17日
大阪市立新商業高等学校の開設について
平成21年01月22日
足高まさし市政報告会:寺田町駅周辺整備計画
平成20年12月26日
天王寺動物園のホッキョクグマ「ゴーゴ」に花嫁を
平成20年12月14日
上本町ターミナル整備計画
平成20年12月06日
ドリームウェディングが挙げられました
平成20年10月19日
鶴橋駅前バス停のベンチ設置
平成20年10月14日
東上町公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年10月5日
新商業高校の整備について
平成20年9月27日
(仮称)道頓堀川人道橋の名称(橋名)募集
平成20年9月20日
真田山公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年9月15日
大阪市・サンフランシスコ市姉妹都市提携50周年について
平成20年7月7日
栄養専門学校の体験入学が実施されます
平成20年7月5日
生まれ変わる中之島
平成20年7月1日
寺田町駅放置自転車問題について
寺田町放置自転車問題

放置自転車の多い駅 全国ワースト15(平成19年)

まずは、私たちにとってあまり喜ばしくない話題から振り返ってみましょう。内閣府の「駅周辺における放置自転車の実態調査」によると、駅周辺の放置自転車の問題で、私たち大阪の複数駅が『ワースト』のランキングにランクインしてしまっています。

放置自転車の多い駅 平成19年ワースト15
順位駅名市町村名鉄道事業社名放置台数
1名古屋名古屋市JR東海ほか2799台
2京急川崎川崎市京急2345台
3赤羽東京都北区JR東日本2145台
4大阪大阪市JR西日本ほか1973台
5名古屋市名古屋市営1935台
6動物園前大阪市大阪市営1933台
7新大阪大阪市大阪市営1927台
8和光和光市東武ほか1702台
9平塚平塚市JR東日本1672台
10元住吉川崎市東急1642台
11大塚東京都豊島区JR東日本ほか1623台
12寺田町大阪市JR西日本1583台
13九条大阪市大阪市営1530台
14光が丘東京都豊島区東京都営1520台
15池袋東京都豊島区JR東日本ほか1491台

この目を塞ぎたくなるような状況を受け、私も皆様の要望を受け当ホームページ『寺田町駅放置自転車問題について』での放置自転車整備等、解決に向けてたゆまぬ努力を続けてきました。


上記ページをご覧頂いても、この啓蒙活動で寺田町駅前が見違えるように美しくったのがお分かり頂けると思いますが、自転車を利用される近隣の方々の数と許容駐輪スペースには未だ隔たりがありました。


寺田町駅周辺に駐車場を増設します

私は地域の皆様との意見交換をベースに、大阪市に幾度となく要望を提示、大阪市も関係者・関連団体との調整を経て、本格的に整備に動き始めました。


市側も苦心の末、整備計画を立案。それに対し私たちがさらなる要望を提出。その繰り返しが続く中、ようやく一定の効果を期待し得る増設案がまとまりました。


今回は、いよいよ固まった寺田町駅周辺駐車場増設案と周辺の放置禁止区域最終案、及び平成20年12月18日に天王寺連合会館で開催した『足高まさし市政報告会』の模様をご紹介したいと思います。


寺田町駅周辺整備計画図と足高まさし市政報告会

この度の足高まさし市政報告会では、「JR寺田町駅周辺の放置自転車対策について」「地下鉄四天王寺夕陽丘駅周辺の放置自転車対策について」「自転車等放置禁止実施区域での放置自転車対策について(JR玉造駅等周辺)」等について報告と質疑応答を行いました。


※図や写真は、クリックすると拡大画像が表示されます※

寺田町駅周辺放置禁止区域(途中案の1例)
寺田町駅周辺放置禁止区域(最終案)

上図のように、駅周辺の放置禁止区域をさらに実態に合わせて拡大(変更)するとともに、駅周辺駐輪場も収容台数を現状の約5割増し程度に引き上げる整備計画によって、安全で美しい駅前を目指します。(下図)

寺田町駅周辺駐輪場(現在の状況)
寺田町駅周辺駐輪場(増設案)

足高まさし市政報告会の様子

案を示しながらの報告皆さんに評価頂き笑顔も
熱心に聞き入って下さいました熱いご要望

この様に、マスコミでも良くないイメージの大阪として紹介されていた寺田町の放置自転車問題がいよいよ解決の時を迎えつつあります。次は四天王寺夕陽丘駅前!これからも「住んで良かった天王寺」に貢献して行きたいと思います。


Copyright © Masashi ASHITAKA All rights reserved