足高な日々(ブログ)
天王寺区アラカルト
あなたのひと言
トピックスの一覧
平成21年07月06日
いよいよ新商業高等学校建設へ
平成21年06月20日
耐震改修の普及啓発にかかる戸別訪問について
平成21年06月10日
大阪市消費拡大キャンペーンがスタートします
平成21年04月29日
緊急対策資金融資の据置期間を延長します
平成21年03月16日
四天王寺巽線歩道暫定整備計画について
平成21年03月13日
家隆塚の再整備について
平成21年02月17日
大阪市立新商業高等学校の開設について
平成21年01月22日
足高まさし市政報告会:寺田町駅周辺整備計画
平成20年12月26日
天王寺動物園のホッキョクグマ「ゴーゴ」に花嫁を
平成20年12月14日
上本町ターミナル整備計画
平成20年12月06日
ドリームウェディングが挙げられました
平成20年10月19日
鶴橋駅前バス停のベンチ設置
平成20年10月14日
東上町公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年10月5日
新商業高校の整備について
平成20年9月27日
(仮称)道頓堀川人道橋の名称(橋名)募集
平成20年9月20日
真田山公園の整備(みんなのわくわく公園づくり)
平成20年9月15日
大阪市・サンフランシスコ市姉妹都市提携50周年について
平成20年7月7日
栄養専門学校の体験入学が実施されます
平成20年7月5日
生まれ変わる中之島
平成20年7月1日
寺田町駅放置自転車問題について
東上町公園

公園予定地の視察から地域の皆さんと。愛される公園を目指して。

真田山公園に続き、ゆとりとみどり振興局が推進する「みんなのわくわく公園づくり」の一環として東上町公園の整備を行いました(平成17年度)。


東上町公園の整備においては、地域の方々が実際に公園予定地に出向き、グループに分かれて予定地の大きさ・形・周囲の様子などを検証し、それをベースにワークショップに入りました。


※以下の写真はクリックすると拡大出来ます※

公園予定地観察 東上町ワークショップ1
皆で公園予定地を観察ワークショップvol1

夢を描こう!新しい公園のつかい方や“間取り”を考えました。

ワークショップでは、地域の暮らしにもとづいた公園にすべく、“一日”と“一年”の時間の流れに沿って話し合いを進めました。現場視察からの地域住民が参加。風土に合わせたプランニング。机上論では届かない、地域に根付いた公園が出来そうです。


公園の夢を描こう! 公園の出入口はどこがいいか、人々の交流のためにどれほどの大きさが必要か。地域にとって“こんな公園だったらいいな”に向かいました。

東上町ワークショップ2
ワークショップvol2

4グループの計画図が出来上がりました

公園の夢を4つのグループに分かれて絵にして行きました。青チーム・赤チーム・黄色チーム・緑チーム。各々から、生きた公園を、自然の遊び場を、明るくオープンに、出入口はスロープで、管理のことも考えて、シンボルツリーを、楽しいスポットを、若返りの道を。期待を込めた4つのプランが提示されました。


これら4つの計画を確認しながら意見交換しました。フェンスはどうあるべきか、土の広場と芝生広場はどのような配分で?出入口の方向は?細部に渡ってすり合わせが続きました。

4グループの計画図
出来上がった4グループの計画図

皆の夢が1つの案にまとまりました

子どもからお年寄りまで皆寄ってくる公園。明るく清潔な公園。季節感のある公園。3つの大目標を掲げ知恵を合わせた結果、最終的なワークショップ案が完成しました。

4グループの計画図
完成したワークショップ案

出来上がった公園は言わば“ピカピカの一年生”です。この公園が地域に根付き、欠かせない場所となるには本当は長い時間が必要なのかも知れません。お父さんお母さんに手を繋がれてヨチヨチやってきた子どもが、お父さんお母さんになってこの公園に我が子を連れてくる。


私たちが夢を描いて完成した東上町公園の、その先に期待したいことはそんな事ではないでしょうか。完成して終わりではなく、これから地域の皆で力を合わせ、この公園を成長させて行きたいものです。


大阪市会議員 足高まさし


Copyright © Masashi ASHITAKA All rights reserved