大阪市会議員足高まさし

ビジョン

両輪の花咲いて

瞬発と継続

物事を動かす際、思い切った判断と行動とが必要になることがあります。躊躇し判断に時間をかけ過ぎるより、まずやってみる方が好結果に至ることさえあるでしょう。一方で、行動の真価を論じるには、相当期間の検証が必要です。大胆な手を打った直後、瞬間的に上昇気流を感じたとしても、一瞬の上昇のため長期的な下降が生じるかも知れません。「継続は力なり」と言います。中長期的に状況維持するには力が必要です。その力がさらなる力となります。「瞬発力」は、やり続けてきた「継続力」と経験とを伴って初めて耀きます。

全体と個

この手を打てば近隣の方々は助かるに違いない。。。区内各所に対応したい案件・課題があります。私もひとりの人間ですから、その度、1つずつを解決したくなります。しかしながら、天王寺区・大阪市全体の前進がなければ個々の策を支えることさえできません。かと言えど、広域・大規模な政策だけに注力し過ぎても地域の方々の顔を見失ってしまいます。難しい要件ではありますが、一方に注力し過ぎたがため他方を損なうことなきよう、常に全体と個の両面を見つめることが肝要です。

両輪

「瞬発」と「継続」、「全体」と「個」という、ともすれば反語となる事柄は、遊園地のシーソーで言う両端とも言えます。シーソーの真ん中付近を左右していれば、楽に平行を保てるときもあるでしょう。ただ、長時間安定していられるかと言えば答えはノーでしょう。シーソーの平行を絶対安定にするには、両端のバランスよい加重が不可欠です。今好都合な一方だけに気を向けるのではなく、両端のバランスを重視した、両輪伴う行動が欠かせません。

満開の花

両輪の花が豊かに咲きほこれば、すなわち天王寺区は明るく元気で、未来はもっと健やかでしょう。 区内の皆様が満開の花に包まれ笑顔絶えないことを願い、両輪を区に届けるのが私の務めです。

天王寺発大阪ビジョン

上町台地に広がる天王寺区は大阪の原点。 大阪の歴史と文化を代表する地域であり、グレードの高い文化施設、医療施設、教育施設、商業施設が集積する住と職が調和する地域。こうした地域の優れた特質を活かした地域の発展とともに、活力と創造力あふれる大阪の創生に向けて、積極的に取り組む。

安心・安全のまち

南海トラフ大地震、上町断層帯地震や大規模自然災害等に備えた対策づくり、日常生活を守る道路、公園等における照明灯の整備、防犯カメラの設置等、官民一体となって安全なまちづくりを推進します。


また、高齢者の介護予防を推進し、一人ひとりが地域で自立して、自分らしく健康で安心して暮らせるためのサポーター養成や支援センターの設置を進めるとともに、見守り活動の充実や医療・介護の連携を図り、生涯安心して暮らせるまちをめざします。

子どもたちが育ち伸びるまち

保育所待機児童の早期解消を目指し、保育所整備、保育ママ事業、認定子ども園事業、子ども支援事業の充実・拡充などライフスタイルに対応した地域での子育て環境を整えるとともに、「量から質へ」の変換を進めます。


さらに、子どもたちの「確かな学力の向上」をめざし、教職員の指導力・意欲の向上を図る学校運営体制・サポートシステムの構築を図るとともに、グローバル社会に対応した学習機会の提供、キャリア教育・社会教育の充実など「文教のまち・天王寺」の発展をめざします。


歴史と文化が息づくまち

大阪城公園・難波宮跡公園から四天王寺に至るエリアを歴史資質の活用により、世界的な歴史環境の拠点化を図り、魅力ある都市居住エリアの確立を目指します。


四天王寺、夕陽丘エリアの修景整備を促進し、てんしばなど官民連携等による天王寺動植物公園や市立美術館の魅力向上、回遊性向上を図り、大阪の歴史・文化の発信拠点機能を強化します。

活力と創造力が生まれるまち

大阪の持つポテンシャル・優位性を活かし、新たな産業、ライフスタイル、文化を生み出す大阪の創造力の進展を図るべく、中小企業で働く人材の育成・定着や技術の継承、生産性向上を進めるとともに、大学や研究機関が有する研究成果の地域還元し、高付加価値化へつなげるなど企業の活性化支援策を拡充します。