大阪市会議員足高まさし

報告・お知らせ

2018.03.26

修景補助対象建築物の工事が完成

大阪市において今年度創設した地域魅力創出建築物修景事業の初の修景補助対象建築物である「中野鍼(なかのはり)」(東住吉区)の工事がこのたび完成しました。

「中野鍼」は、「針中野」の地名の由来となった平安時代から続く鍼灸院で、今回の修景工事によって、敷地内の複数棟のうち明治時代に建てられた3棟の蔵と屋根付き門が、伝統的な様式に合った素材を用いて建築当時の意匠に沿って改修されました。

修景前(全体) 修景後(全体)
修景前(全体) 修景後(全体)
修景前(屋根付き門) 修景前(屋根付き門)
修景前(蔵) 修景後(蔵)
修景前(蔵) 修景後(蔵)
建物名称
中野鍼(なかのはり)
所在地
東住吉区針中野3丁目
建物種別
木造伝統建築
修景の範囲
蔵及び屋根付き門(明治35年(1902年)築、木造2階建て)
修景の内容
劣化した腰板や門扉の貼り替え及び漆喰の塗り替え、鉄板貼に改変されていた外壁を焼杉板貼に復元、外観を阻害する配線の移設及び照明設備等の隠ぺい 等
補助額
143.3万円(補助対象費用の2分の1以内かつ上限300万円)