大阪市会議員足高まさし

報告・お知らせ

2020.04.22

【新型コロナウイルス関連】休業要請、各種支援制度等

新型コロナウイルス感染症拡大に関連して、行政・自治体等による休業の要請や支援策を耳にされることも増えてきたのではないでしょうか。

相当数の対策があるため、その全容や違いについて掌握し辛いこともあると考え、自由民主党・市民クラブ市会議員団ではそれらの概略を一覧表的にまとめました。

融資、助成金等について

一覧表をご覧いただきますと、個人の方々を対象とした生活に関わる貸付制度・給付制度があること、事業者を対象とした休業に関わる融資制度・助成制度があること、同じく事業者の対象とした資金繰りに関わる融資制度と給付制度があることがお分かりいただけるかと思います。

このうち、個人・事業者向けともに「給付」「助成」は返済不要な制度となります。これらだけでは、困難な状況を完全に打破できるには至らないかも知れませんが、条件が合致すれば返済義務の無い資金を受理できます。事業を営まれる方は、事業主としての目線は勿論のこと、ご自身個人としての目線からも、その両面から各制度をご覧ください。

尚、「貸付」「融資」「給付」「助成」のいずれにつきましても、対象となる場合にでも書類・資料等の準備に一定の時間が必要になるかと想像します。各制度とも応募が増加しているとの話も耳にしますし、『自分も対象になりそう』と感じられましたら、是非早めに右欄の問い合わせ先にご相談されることをお勧めします。

休業要請について

各種施設に対する休業や時短の要請につきましては、個人の方々も日常生活に直結し、事業者の方々も経営に直結しますので、上覧支援制度に比べると皆さん比較的よくご理解いただいているものと期待します。

さらなる期待を申し上げて良いとすれば、事業者の方々には要請にご協力いただき、場合によっては要請以上の努力もお願いしたいとともに、無理な対策によって必要以上に事業悪化することのないようご留意いただきたい所です。事業悪化は、自社関係者に辛い結果をもたらすこともあります。そして、その連鎖は社会と国民生活にも赤信号を灯します。困難な状況下ではありますが、上欄支援制度も積極的にご検討される等し、この苦境を乗り越えてください。

また、私たち一人ひとり、個人としましても、各施設の利用につきましてはアルコール消毒等、施設側の対策を積極的に活用するのは勿論、自分自身のマスク着用・手洗い、人と人との距離感などにも十分注意し、感染しない&拡げない、という意識で行動したいものです。